●英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら
英語学習サイト ジャパンタイムズ 週刊STオンライン
『The Japan Times ST』オンライン版 | UPDATED: Wednesday, May 15, 2013 | 毎週水曜日更新!   
  • 英語のニュース
  • 英語とエンタメ
  • リスニング・発音
  • ことわざ・フレーズ
  • 英語とお仕事
  • キッズ英語
  • クイズ・パズル
  • 留学・海外生活
  • 英語のものがたり
  • 会話・文法
  • 週刊ST購読申し込み
     時事用語検索辞典BuzzWordsの詳しい使い方はこちら!
カスタム検索
 

World News

Space repair operation a success

SPACE CENTER, Houston (AP) - Discovery astronaut Stephen Robinson removed two worrisome pieces of filler material from the shuttle's belly Aug. 3 in an unprecedented space repair job that drew a big sigh of relief from NASA.

Engineers had feared the strips of ceramic-fiber cloth might cause the shuttle to overheat during its descent through the atmosphere and lead to another Columbia-type disaster.

It was a delicate operation: Robinson had to be careful not to bump into the shuttle's fragile thermal tiles and make things worse.

Standing on the end of the space station's robot arm, he tugged out the first piece as he passed over Massachusetts. By the time he had pulled out the next fabric strip 10 minutes later, he had crossed the Atlantic and was zooming over the French coast.

"That was the ride of the century!" Robinson exclaimed.

"Steve, we trained for four years. You're going to spend the next four years signing autographs," said his partner, Soichi Noguchi.

Robinson, 49, who took his childhood Space-Cadet lunchbox into orbit with him, became the first person to venture beneath an orbiting shuttle and the first person to repair a shuttle's fragile thermal skin in space.


シャトル初の軌道上修理成功

スペースシャトル「ディスカバリー」のスティーブン・ロビンソン宇宙飛行士は3日、機体腹部からはみ出していたギャップフィラーの除去に成功した。



Shukan ST: Aug. 12, 2005

(C) All rights reserved



英語のニュース |  英語とエンタメ |  リスニング・発音 |  ことわざ・フレーズ |  英語とお仕事 |  キッズ英語 |  クイズ・パズル
留学・海外就職 |  英語のものがたり |  会話・文法 |  執筆者リスト |  読者の声 |  広告掲載
お問い合わせ |  会社概要 |  プライバシーポリシー |  リンクポリシー |  著作権 |  サイトマップ