英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

ESSC 50ワードで英文エッセーを書いてみよう

English >>

ESSCとは?

Extremely Short Story Competition の略で、50語ぴったりで英文ミニ・エッセーを書くコンテストです。短いながら、決まった文字数で一つの英文作品を書くことで、英語の表現力や発信力が身に付きます。

 
応募要項

テーマ
「私の国のいいところ」/ What I like about my country

高校生以下の部と大学生以上の部の2部門で作品を募集します。テーマから自由に発想し、50ワードの英文を作ってみてください。エッセー、フィクション、ノンフィクション、ポエムなど、ジャンルは問いません。ESSC考案者のPeter Hassall 氏(アラブ首長国連邦、ザイール大学教授)とESSCを日本に紹介した本名信行氏(青山学院大学名誉教授)を審査員に迎え、両部門の応募作品の中から、最優秀賞、優秀賞、ST賞を選びます。奮ってご参加ください。文法やつづりの間違いは審査で減点の対象となりますので、注意してください。

応募資格:英語を母国語としない人(国籍は問いません)
締め切り:2月28日(金)まで
選考結果発表:3月28日号の紙面にて掲載します。

 
ESSC考案者Peter Hassall 氏からのメッセージ (in 50 words)

From the tranquil summit of a mountain temple near Yamagata, where Basho wrote a famous haiku, a man of 'belief and action' sent news to the soaring multicultural towers of the UAE. The Japan Times ST Extremely Short Story Competition will soon span the continents enhancing self-expression and cultural understanding.

(芭蕉の名句で有名な山形市郊外の静かな山頂の寺から、「信念と行動」の男〔本名信行氏のこと〕が発信したニュースが、多文化が息づくアラブ首長国連邦の高層ビル群に届きました。ジャパンタイムズSTのESSCは、まもなく世界の大陸に橋をかけ、あなたの自己表現力を高め、文化の理解を深めるでしょう)

読者へのごあいさつはこちら >>

ESSC選考委員長、本名信行青山学院名誉教授のメッセージ (in 50 words)

The ESSC, sponsored by The Japan Times ST, is a good exercise for Japanese students to learn how to express themselves in English. Actually, if given an opportunity, Japanese students and citizens can display a remarkable command of English. This tendency will be demonstrated by participants in this new program.

(The Japan Times ST が主催する ESSC は、日本の学生が英語で自己表現をする方法を学ぶためのよい練習になります。実際、機会を与えられれば日本の学生や市民は素晴らしい英語力を示します。この新しいプログラムの参加者たちによってこのことが明らかになるでしょう)

 

  みんなの作品を見る

 
FAQ (Frequently Asked Questions)
どんな内容のものを書けばいいのですか?
テーマに沿っていれば内容は自由です。日頃思っていること、思い出、つぶやき、感想、メッセージ、主張など、何でもありです。
英文エッセーを書くのですか? それともショートストーリーですか?
英文のスタイルやジャンルは問いません。エッセー、フィクション、ノンフィクション、ポエム、手紙など、自由に英文を構成してください。
ワード数はぴったり50語でなければいけないのでしょうか?
はい。ぴったり50ワードでなければご応募いただけません。ハイフンでつながっている単語は1語と数えます。ピリオドやカンマ、引用符はカウントしません。記号(& / + × ÷ = * # < > @)は使用できません。
俳句の季語のように、テーマの単語は必ず使用しなければいけないのでしょうか?
そんなことはありません。テーマの単語を使わずにそのテーマを表現することができれば使用する必要はありません。
先生に文法やつづりを手直ししてもらってもいいでしょうか?
だめです。自力で作品を完成させてください。
最優秀作品はどのように選ばれるのでしょうか?
英語の文法やつづりの正確さなども考慮しつつ、内容のメッセージ性、作品としての出来映えを総合的に判断します。
投稿した作品はすべてオンライン上で公開されるのですか?
はい。特に英語の修正等はせずにオリジナルのまま公開されます。ただし、極端に差別的な内容など、編集部が不適当と判断した作品については公開を差し控えさせていただくこともありますので、予めご了承ください。


  みんなの作品を見る