英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2014年12月19日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Protests spread across U.S. after non-indictment in Garner death (p. 1)

黒人殺害警官不起訴、全米各地でデモ

数千人のデモ参加者が、7月17日にニューヨークで6人の子どもの父親だった黒人男性エリック・ガーナーさんの首を絞めて殺した白人の警察官を起訴しないという大陪審の決定に対し、連続4夜目の抗議を行なうため、12月6日にアメリカ中で集まった。

抗議活動は、ニューヨーク(グランドセントラル駅で人々が横たわりダイ・イン〔抗議活動として死んだふりをすること〕が実施された)から、いくつかの道路と中心部の橋が閉鎖されたワシントンまで、概ね平和的なものだった。

市民権運動の活動家アル・シャープトンさんのナショナル・アクション・ネットワークは、ハーレムでイベントを開催し、俳優のスパイク・リーさんが参加、シカゴではNBAのスター選手、デリック・ローズさんが「息ができない」と書かれたTシャツを着用して、試合前のウォーミングアップをした。「息ができない」は、当時43歳だったガーナーさんが最後にあえぎながら発した言葉だ。ガーナーさんは、ニューヨークのスタテンアイランドで、税金をかけずにタバコを販売したとされる疑いで、警察に地面に組み伏せられた。

警察官を不起訴とするこの決定の前にも、セントルイスの郊外ファーガソンで別の大陪審が、丸腰だった黒人の10代の若者マイケル・ブラウンさんを射殺した白人の警察官を起訴しないと決定していた。その決定も、黒人住民が多く白人の警官がほとんどのその郊外(ファーガソンのこと)で、怒りの抗議活動を引き起こした。

Top News
  • 黒人殺害警官不起訴、全米各地でデモ
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This week's OMG
Essay

サイト内検索

2018年6月29日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー