英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年7月22日&29日合併号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
SCIENCE & HEALTH/BUSINESS & TECH

Mantis cannibalism boosts fertility (p. 6)

カマキリの「性的共食い」、子孫の栄養に

6月29日に掲載された研究によると、メスのカマキリが、交尾相手を食べる傾向は、子孫によりよい栄養を与えるために発達したものかもしれないという。この研究で、オーストラリアのマッコリー大学のブラウン・バリー氏とキャサリン・バリー氏は、追跡可能な放射性アミノ酸を与えたコオロギをオスのカマキリに与えた。そして彼らは、この昆虫たちに交尾をさせた。オスの半数にとって、それが最期の行動だった。その科学者たちは(ブラウン&キャサリン・バリー氏のこと)、共食いをしたメスの体内と卵を通じて、放射性タンパク質の流れを追跡した。交尾相手を食べたメスは、「共食いに続いて生まれた卵の数に増加が見られた」とブラウン氏は語った。

Top News
Easy Reading
National News
World News
SCIENCE & HEALTH/BUSINESS & TECH
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー