英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年8月12日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Legendary 31-time sumo great Chiyonofuji dies at 61 (p. 1)

元横綱千代の富士が死去

31回の優勝経験を持つ元横綱の千代の富士は7月31日、すい臓がんのため、東京の病院で亡くなったと、相撲の関係筋が明らかにした。61歳だった。

千代の富士(本名:秋元貢さん)は、1989年に国民栄誉賞を受賞した初の力士となり、優勝回数は白鳳(37回)と大鵬(32回)に次いで3位に入っている。「親方が好きだった。力士として崇敬していた」と、千代の富士が九重親方になってから、千代の富士から指導を受けた元大関の千代大海は語った。

「ウルフ」の異名をとった、引き締まった筋骨たくましい北海道出身の人(千代の富士のこと)は、1970年に初出場し、1981年の大相撲名古屋場所の後に相撲の最高位である横綱に昇進した。

身長183センチ、横綱になってからも体重は125キロ前後しかなかった千代の富士は、両肩の脱臼を克服して、53連勝した¥1926年に昭和の時代が始まって以来、3番目に長い連勝だった。千代の富士は、1990年に初の1,000勝をあげた力士となった。

千代の富士は1991年の夏場所の初日に、未来の横綱貴ノ花(当時は貴花田)に負け、通算1,045回の勝利を収めた2日後に、35歳で引退した。

Top News
  • 元横綱千代の富士が死去
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー