英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年8月26日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Moss boosted Earth's oxygen 400 million yrs ago (p. 6)

4億年前、酸素を急増させたのは「コケ」

科学者は長い間、動物と人類の繁栄を支えるのに十分な酸素を地球に与えたのは何だったのか、不思議に思ってきた。研究者らは8月15日、すべてはコケから始まったと考えていると発表した。

科学誌『米科学アカデミー紀要』に掲載されたこの論文は、地面を覆うコケの増殖が約4億7000万年前に始まり、我々の惑星(地球のこと)に初めて安定した酸素の供給源を与えたため、知的生命体が繁栄することができたと述べている。「控えめなコケの進化がなければ、今日の地球に人類が一人も存在しなかったかもしれない」と、論文の共同執筆者でエクセター大学のティム・レントン教授は述べた。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー