英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年9月2日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Japan wins historic 1st silver in men's 4x100-meter relay (p. 1)

陸上男子400リレー、日本が銀

日本は8月19日、4?100メートルの男子リレーで、アンカーのケンブリッジ飛鳥選手がアジア新記録の37.60秒でジャマイカのウサイン・ボルト選手を追いかけてゴールし、歴史的な銀メダルを獲得した。

山縣亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手とケンブリッジ選手は、この大会で日本初となる銀メダルを獲得した。この大会ではジャマイカが37.27秒で優勝し、ボルト選手は最後のオリンピック出場で、3連続3冠¥100メートル走、200メートル走、4?100メートルリレーで、3大会連続の金メダル―を達成した。

アメリカは3位だったが失格となり、代わりにカナダ(37.64秒)が表彰台に押し上げられた。

ジャマイカ生まれのケンブリッジ選手は、憧れのボルト選手の隣のレーンで走り、オリンピックスタジアムのまわりを日本の国旗を身体に掛けてチームメイトとともに歩くのは信じられないほど素晴らしく感じたと語った。

「最高の気分でした」とケンブリッジ選手は述べた。「このようなステージでビクトリーランができる機会はそうそうありません。なんという経験でしょう。」

信じがたいことに、日本は最後のカーブから現れたときに、その先の100メートルではジャマイカだけが前にいた。2008年の北京オリンピックでの初のメダルとなった銅メダルの獲得に続く、日本の五輪2つ目のメダルを確実なものにするには、ケンブリッジ選手はボルト選手のあとにぴったりついていくだけだった。

Top News
  • 陸上男子400リレー、日本が銀
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー