英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年10月14日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Morning sickness linked to lower miscarriage risk (p. 6)

つわり、流産リスク低減と関連

9月26日に発表された調査によると、妊娠時のつわりは、流産リスクの低減に関連しているという。この調査は、女性が妊娠早期に経験する吐き気と嘔吐が胎児を保護するのに役立っていると示唆している。

『JAMAインターナル・メディシン』誌に掲載された調査結果によると、797人の女性を対象にした研究で、吐き気、及び嘔吐を伴う吐き気が妊娠損失リスクの50〜75%低下に関連していたという。

つわりの吐き気により、女性の食事量が減り、その結果として胎児が毒素にさらされるリスクが減少することで、健全な妊娠が促される可能性があると考える専門家もいる。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー