英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年10月28日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health/Business & Tech

Obama vows to send people to Mars by 2030s (p. 6)

オバマ大統領、「2030年までに人類を火星へ」

アメリカのバラク・オバマ大統領は10月11日、今から14年後にも人々を火星に送り出すと約束し、民間企業と協力して、深宇宙での長期ミッションに従事する宇宙飛行士を輸送し、その生命を維持することのできる新しい居住地を建設すると誓った。 「我々は、アメリカの宇宙における物語の次章に不可欠である明確な目標を定めた:2030年代までに人類を火星に送り出し、地球に安全に帰還させる」と、オバマ大統領はCNNのウェブサイトに掲載されたオピニオン記事で述べた。民間企業はすでに宇宙へ向かうミッションに取り組んでいるが、地球の周回軌道で最も近い地点に来た場合に約5600万キロの距離がある火星に人類はまだ行ったことがない。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health/Business & Tech
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー