英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年11月11日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
This week's OMG!

I wouldn't hire 007: MI6 chief (p. 7)

「ボンドはスパイには不適任」、英国の諜報機関

ジェームズ・ボンドは、道すがら美しい女性を誘惑しながら単独で世界を惨事から救うことに関して匹敵するもののない実績があるにもかかわらず、イギリスのスパイの仕事は得られないだろうと、同国の外部諜報機関MI6は述べている。

アレックス・ヤンガー氏は、本物のスパイは地球上で最も厳しい環境の中で倫理的かつ物理的に複雑な課題に対処しなければならないため、007として知られている工作員は、強い倫理的な芯が欠けているため除外されると語った。

「ジェームズ・ボンドとは対象的に、MI6の諜報員は道徳面で近道するものではない」と、ヤンガー氏は、イギリスの黒人文化や歴史を称える年に1度のお祝いに力を注いでいるウェブサイト「ブラック・ヒストリー・マンス」に掲載されたインタビューで語った。

「ジェームズ・ボンドは我々の採用過程を通過することはないだろう」とヤンガー氏は述べた。

「本物のMI6の諜報員は、感情面の知性が高く、チームワークを大切にし、常に法を尊重する―ボンドとは違って」と付け加えた。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
  • 「ボンドはスパイには不適任」、英国の諜報機関
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー