英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年12月9日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Zika defect may only appear months after birth (p. 8)

ジカ熱由来の出生異常、生後数ヵ月まで分からず?

疾病対策センターの研究者らは、ジカ熱への感染によって起こる重度の出生異常は誕生時には顕在化しないかもしれないが、後の数ヵ月で発達すると述べ、このウィルスが成育中の胎児に目に見えないダメージを起こしうることがさらに確認された。この発見は、出生時には頭部が全員正常な大きさに見えたが、通常よりも(頭囲の)成長のスピードがずっと遅かった13人のブラジルの乳児の研究からわかったことだ。ジカ熱に感染したほとんどの人は、症状が見られないが、妊娠中に感染すると小頭症などの深刻な出生異常が起こることがある。小頭症とは、脳が正常に発達しなかったために、乳児の頭蓋骨が見込みよりもずっと小さくなるものだ。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー