英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2016年12月23日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

The oldest known seabird lays an egg at 66 (p. 6)

「世界最年長」、推定66歳の海鳥が産卵

世界最年長として知られる海鳥に子どもが生まれるところだと、ミッドウェー環礁国立自然保護区の関係者が12月10日に明らかにした。「ウィズダム」の名で知られるコアホウドリ ― 少なくとも66歳とみられる鳥 ― は、再び卵を温めており、世界最年長の繁殖する野生の鳥となった。北太平洋の中部にあるこの自然保護区でプロジェクトリーダーを務めるアメリカの魚類野生生物局のチャーリー・ペリッツァ氏は声明で、ウィズダムは60年前から(継続的に)そこに戻ってきていると述べた。この鳥が初めて(識別用の)バンドを付けられたのは、1956年だった。2006年から、ウィズダムは少なくとも9羽のひな鳥を育て、生涯を通じた移動距離は約480万キロに上っている。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー