英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年1月27日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Living near heavy traffic raises dementia risk (p. 6)

交通量多い道路沿いの住民は認知症リスク上昇

カナダの研究者らによると、交通量の多い混雑した道路の近くに住む人は、遠くに住む人よりも認知症を発症するリスクが高くなるという。医学誌『ランセット』に掲載された研究では、交通量の多い道路の50メートル以内に住む人々は、混雑した道路から300メートル以上離れて住む人々と比較して、認知症を発症する確率が7.0%高くなることがわかった。「この研究は、血液の流れを通じて脳に流れ込んでいるかもしれない大気中の汚染物質が神経系の問題につながりうることを示唆している」と、筆頭著者で、環境と職業と健康の専門家であるオンタリオ州公衆衛生局のレイ・コープス氏は述べた。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー