英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年2月10日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Giant otters once roamed southwest China (p. 6)

600万年前の中国に「巨大カワウソ」が生息

強力な顎を持つオオカミほどの大きさのカワウソがかつて中国南西部をうろついていた。この動物の化石はカワウソの現代の近縁種の進化を明らかにするかもしれないと言う科学者らが発表した。巨大カワウソ「Siamogale melilutra」の化石は、ほぼ完全な形での頭がい骨と上あごの化石、歯の一部、下顎、他の骨などを含み、雲南省で発見されたと、研究論文が英誌『Journal of Systematic Palaeontology』に掲載された。この論文によると、この動物は600万年以上前に生息し、体重は約50キロと見られ、現代のカワウソよりもはるかに大きく、現代のオオカミに似ているという。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー