英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年2月24日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Toxic chemicals found in fast-food packaging (p. 6)

ファストフードの包装紙に有害物質

ハンバーガーやフライドポテト、タコスなどを包んでいる油分をはじく紙や箱には、フッ素加工用の化学物質が含まれていることが多く、食品に溶け込むおそれがあると、新たな報告書が2月1日に明らかにした。この調査は、アメリカのファストフード店27チェーンから400点以上のサンプルを検査した。サンプルのうち、包装紙の半分以上と、紙箱―フライドポテトやピザなどの箱―の20%に、フッ素が含まれていた。フッ素は、染みが付きにくいカーペット、汚れがこびりつかない調理器具、防水性のアウトドア衣料品に活用される高度にフッ素化された化学物質に入っている。「テキサス風メキシコ料理、デザート、パンの包み紙がフッ素を含む可能性が最も高い」とこの報告書は伝えている。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー