英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年3月3日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Trump's 'poisonous' rhetoric makes world a darker place: Amnesty (p. 1)

「トランプ氏で世界が暗く」、アムネスティ報告

アムネスティ・インターナショナルは2月22日、アメリカのドナルド・トランプ大統領がホワイトハウスへたどり着くまでにしてきた「毒のある」発言は、ますます分裂した政治へと向かう2016年の世界的な傾向を実証し、この傾向は世界を「より暗い」場所にしたと発表した。

159ヵ国を対象にした年に一度の報告書で、この人権保護団体(アムネスティのこと)は、人間の尊厳と平等の原則が、当選を狙う政治家たちにより脅威にさらされているとし、特にトランプ大統領に焦点を定めた。「ドナルド・トランプ氏の選挙活動中の毒のある発言は、怒りが高まる分裂した政治へと向かう世界的な傾向を実証した」と、アムネスティはパリで発表された声明の中で述べた。アムネスティによれば、欧米中で難民を標的にしたヘイトスピーチが増加し、世界は「より暗く、…不安定な場所」になったという。

アムネスティの算出によると、シリアの内戦が7年目に突入する中、ヨルダンとシリアの間で動けなくなっている難民が約75,000人いるという。

アムネスティは、ポピュリズム(大衆迎合政治)に向かう動きと発言は、ヨーロッパで広く見られるようになってきたと述べた。「その結果、法の支配の弱体化と人権保護の衰えが広がった。今は特に難民とテロ容疑者の人権についてだが、最終的には全ての人々の人権へと広がっていく」。

Top News
  • 「トランプ氏で世界が暗く」、アムネスティ報告
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー