英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年4月14日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Business & Tech

Venom of tiny fish may help develop new painkillers (p. 6)

熱帯魚の毒、鎮痛剤への応用可能か

太平洋のサンゴ礁の中を泳ぐ「ブレニー」と呼ばれる牙を持った小魚は、珍しい毒を持っており、これは新しい鎮痛剤の開発につながり得ると、オーストラリアの科学者らが述べた。この体長わずか4〜7センチの怖いものなしのスイマーたち(ブレニーのこと)の毒は、傷みを起こすのではなく、捕食者をまひさせると、『カレント・バイオロジー』に掲載された論文は示した。「この魚は、ヘロインやモルヒネのような働きをするアヘン様ペプチドを他の魚に注入し、痛みを起こすのではなく抑制する」とクイーンズランド大学のブライアン・フライ准教授は語った。マウスを使った実験では、この魚の毒を注射されたマウスは全く痛みの兆候を示さなかった。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー