英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年6月23日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Easy Reading

Osaka college makes wallets, key cases out of fish skins (p. 3)

近畿大学、マグロの皮を使った商品を開発

大阪府にある大学は、廃棄された魚の皮を財布やキーケースに変えた。その製品は、魚のうろこによる独特の手触りで人気が出ている。

近畿大学は隣の兵庫県にあるレザー関連会社と共同で製品を製造する。彼らは、魚の皮から名刺入れなど、他にもさまざまな製品を製造する。

「上品な手触りと、表面に独特の光沢がある製品を作った」とレザー商品メーカーのコードバンに務める38歳のデザイナー米田浩さんは述べた。

魚の皮でできた製品は「Piscine(ピサイン)」というブランド名で販売される。チャック式の財布は受注生産ベースで30,240円だ。

最大の課題は魚臭さを取り除くことだったと同大学は話した。臭いの強い魚の脂肪分は手で丁寧に取り除かなければならない。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This week's OMG!
Essay

サイト内検索

2017年11月24日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー