英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年7月14日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Essay

Jackie Robinson (p. 9)

ジャッキー・ロビンソン

私たちは、さまざまなスポーツが見られ、あらゆる人種の選手たちによる素晴らしいパフォーマンスを見ることのできる多文化の世界に生きていて幸せだ。物事はいつもこんなふうだったわけではない。過去には差別がはびこり、スポーツは人種によって分離されていた。

野球を例に挙げてみよう。何年もの間、アメリカの黒人と白人は一緒にプレイすることが許されていなかった。メジャーリーグベースボールは白人選手だけのものだった。これが1947年にブランチ・リッキーとジャッキー・ロビンソンのおかげですっかり変わった。

ブランチ・リッキーはブルックリン・ドジャースの総支配人だった。彼は黒人選手の才能に感銘を受け、彼らが直面している偏見に怒りを覚えていた。彼は黒人と白人が平等に一緒にプレイできるように野球を統合したがっていた。

そうするために、ブランチ・リッキーは、優れた野球をする黒人選手を必要としていた。最終的に、彼のスカウトは完璧な候補者を見つけた ― ジャッキー・ロビンソンという名の若者だった。

ロビンソンはカリフォルニアで育った。彼の夢はメジャーリーグでプロ野球をすることだった。1つだけ問題があった ― 彼は黒人だった。

リッキーやロビンソンに、全員が白人のリーグで初の黒人選手として直面するであろう憎悪について警告した。ジャッキーは、自分にできる最高の野球をすることでこの人種差別に耐えなければならなかった ― 怒ったり、やり返したり、諦めたりするのではなく。

ほどなくして、リッキーはロビンソン ― MLB初の黒人選手 ― がブルックリン・ドジャースに1947年のシーズンに参加すると発表した。

ジャッキーの最初の1年は厳しかった。辞めると脅すチームメイトもいた。ライバルチームは黒人選手と対戦するのを拒んだ。人種差別主義者の観客はジャッキーに悪口を言い、侮辱の言葉を叫んだ。ジャッキーには憎しみのこもった手紙や殺害の脅迫状が届いた。

こうした嫌がらせにもかかわらず、ロビンソンが素晴らしい選手であることは誰も否定できなかった。彼は素晴らしい守備をし、信じられないような送球をし、大胆不敵な盗塁をした。1947年のシーズンの終わりには、彼はその年のルーキーに選ばれた。1949年、彼は最優秀選手に選ばれた。

ジャッキー・ロビンソンは、1958年までメジャーリーグでプレイした。引退後も彼は後の人生を人種差別撤廃に向けて取り組んで過ごした。1972年に53歳で亡くなった。

2013年、彼の物語がハリウッド映画『42』になった。この数字は彼のユニフォームの背番号だ。彼の人生は毎年ジャッキー・ロビンソン・デーに思い起こされ、4月15日に全国イベントが祝われる。

アメリカの野球の統合は、2人の男性の行動のおかげで実現した ― 1人の白人と1人の黒人によって。今年はこの歴史的な出来事から70年になった。

人種差別の壁を崩すために協力することで、ブランチ・リッキーとジャッキー・ロビンソンは、全ての人種の優れた選手に門戸を開いた。彼らの行動を通じて、選手が肌の色ではなく能力で評価される現代のプロスポーツの世界を生み出すのを助けた。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay
  • ジャッキー・ロビンソン

サイト内検索

2017年9月29日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー

新聞制作スタッフ(DTPオペレーター)募集

ジャパンタイムズでは新聞紙面の制作業務を担うスタッフ(正社員)を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください