英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年7月28日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Federer, at 35, savors victory at Wimbledon for record 8th time (p. 1)

ウィンブルドン、フェデラー最多8回目のV

ロジャー・フェデラー選手はウィンブルドンで8回目という記録的なタイトル獲得を果たし、7月16日にクロアチアのマリン・チリッチ選手にストレート勝ちして、このトーナメント(ウィンブルドン選手権のこと)史上最年長の優勝者になった。

フェデラー選手は6-3、6-1、6-4で19回目のグランドスラム優勝を果たし、35歳での優勝は近年(ここでは1968年のオープン化以降の意)において、1975年に32歳手前で優勝したアーサー・アッシュ選手を抜いて、ウィンブルドン男子種目では最年長となる。

「ウィンブルドンは常に私の大好きなトーナメントだった。これからもずっと大好きなトーナメントになるだろう。私にとってのヒーローがここの地面を歩き、ここのテニスコートを歩いていた。彼らのおかげで、私も優れた選手になれたのだと思う」と、36歳を迎える8月6日まであと1カ月未満のところでタイトルを獲得したフェデラー選手は述べた。

「ここウィンブルドンで歴史を作ることはそれだけで本当に私には大きな意味がある」とこのスイスのスーパースター(フェデラー選手のこと)は述べた。「それほどシンプルなことだ」。

フェデラー選手が初めてメジャータイトルを獲得したのは2003年のウィンブルドン選手権でのことで、2004年から2007年まで毎年優勝を重ねた。2009年と2012年にも再び優勝した。しかし、その後2014年と2015年は決勝戦でノバク・ジョコビッチ選手に負けた。

フェデラー選手は、昨年はタイトルはおろか決勝戦にまた進めるかどうかさえ定かではなく、準決勝で敗退し、2016年の残りの期間は休みをとって、手術で治療した左ひざの回復にあてた。

「長い道のりだった」とフェデラー選手は語った。

Easy Reading

Pikotaro sings at U.N. to promote development goals (p. 3)

ピコ太郎が国連デビュー、開発目標をPR

YouTubeのスター、ピコ太郎さんは7月17日、国連で彼の奇妙なヒット曲『ペン・パイナップル・アップル・ペン』の替え歌を披露した。演奏は国連の持続可能な開発目標をPRするためのものだった。この目標は貧困に終止符をうち、人々の平等性を高めることを目指している。

ピコ太郎さんは、おなじみのレオパード柄のスカーフとサングラスを身につけて、国連の日本政府代表部が主催したレセプションに登場した。オリジナル版の『ペン・パイナップル・アップル・ペン』を歌い、それから子どもたちがステージに参加して新しいバージョンを歌った。新しいバージョンは『パブリック・プライベート・アクション・フォー・パートナーシップ(パートナーシップのための官民連携行動)』、略してPPAPと題された。

「I have a pen. (1本のペンがあります)I have a book.(1冊の本があります)」と歌い、それから「UN!(国連)」とうなるように言って、「Education(教育)」と歌った。この曲の最後の1行は「Sustainable Development Goals!(持続可能な開発目標)」だった。

国連の持続可能な開発目標は、貧困や健康、教育など17分野において2030年までに世界が達成する目標だ。

Easy Reading

Dress code at U.S. Congress attacked for being outdated (p. 3)

米下院の「ドレスコード」に批判集まる

アメリカの下院議会のドレスコードにソーシャルメディア上で批判が起こり、注目が集まっている。ポール・ライアン下院議長は7月13日、下院の関係者がこのドレスコードについて検討すると約束した。

約1週間前、CBSニュースがこのドレスコードについて報じた。このドレスコードによると、男性は下院の議場でスーツのジャケットを着なければならず、女性はノースリーブのトップスやドレスをセーターやジャケットなしで着用しないこととされている。オープントゥの靴やスポーツシューズを履くことは誰にも許されていない。

ソーシャルメディア上で人々はドレスコードについて下院を批判した。女性は、ノースリーブのトップスやドレスを禁止する規則は時代遅れだと主張した。多くの人々が、女性議員は腕を露出する(「武器を携帯する」と掛けている)権利があるとジョークを言った。

唯一の女性議長である民主党のナンシー・ペロッシ氏の議長在職時を含め、このドレスコードは長年残ってきた。ペロッシ氏は2007年から2011年まで議長を務めた。

National News

Chinese ships enter Japan waters off Aomori (p. 4)

中国公船が青森沖領海内に侵入

中国海警局の船2隻が7月17日、青森県沖の日本の領海に短時間入ったと海上保安庁は発表した。中国公船がこの海域に入ったのが確認されたのは初めてだという。

巡視船は午前8時5分から8時20分まで、この2隻の船が日本海の艫作崎沖に入ったのを確認した。

2隻の船は、海上保安庁が警告した後、午前9時40分頃領海を離れた。約2時間後、この2隻の船が日本海の別の領海に再び侵入し、午後3時20分頃に離れたと海上保安庁は発表した。

National News

Japan to give $1B to help children worldwide (p. 4)

日本政府、貧困撲滅へ10億ドル支援

岸田文雄外相は7月17日、日本政府が2019年3月までの期間、世界の貧困と闘う国連の取り組みの一環として、子どもと若者を支援するために、10億ドル(1100億円)の支援をすると発表した。

岸田外相は、ニューヨークで開かれた国連の持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラムでこの発表をした。

トップレベルの官僚が開発目標を推進するための方法を話し合うために集まった。このフォーラムのテーマは「変化する世界における貧困の撲滅と繁栄の促進」だった。

National News

U.S. Senate approves ambassador to Japan (p. 4)

米上院、駐日大使の人事承認

アメリカの上院は7月13日、テネシー州の実業家ウィリアム・ハガティ氏を駐日米大使にするというドナルド・トランプ大統領による指名を承認した。

日米関係に詳しい情報筋によると、ハガティ氏(57)は8月に着任する見通しだ。

ハガティ氏は、中国の軍備増強と領土的野心、北朝鮮の継続する核搭載弾道ミサイル開発が存在するなかで日本の安全保障環境が緊張するようになった時期に東京で任務に就く。

National News

Two inmates hanged, despite appeal by one (p. 4)

2人の死刑執行、1人は再審請求中

2人の死刑囚が7月13日、絞首刑にされたと法務省が発表した。1人は複数の殺人で有罪判決を受けた男性で、再審を請求していたと報じられている。

西川正勝死刑囚(61)は再審を請求していた。西川死刑囚は1991年に兵庫県姫路市でスナック経営の女性4人を殺害した罪で有罪となった。

死刑を執行されたもう1人の受刑者は住田紘一死刑囚(34)で、2011年9月30日に元同僚の派遣社員加藤みささん(27)を殺害した罪で、2013年2月に岡山地方裁判所から死刑を言い渡されていた。

World News

India floods kill 83 people, 3 rare rhinos (p. 5)

インドで大規模洪水、83人が死亡

インド北東部での洪水で、少なくとも83人が死亡し、200万人以上が避難したと、インド北東部のアッサム州グワハティで当局が発表した。

洪水はアッサム地方と、近隣のアルナチャル・プラデシュ州、ナガランド州、マニプール州での豪雨が原因で引き起こされた。

この洪水により、珍しい一角のサイが多数いることで有名な国立公園で、この種のサイ3頭も死亡した。

World News

Brexit talks start with both sides far apart (p. 5)

英国の欧州連合離脱交渉、2回目の協議開始

イギリスを欧州連合(EU)から離脱させるための協議は、7月17日に本格的に開始された。イギリスのEU離脱が正式に実現するとすれば2年以内だが、双方はなお、見たところ、市民の権利について意見が大きく分かれているようだ。

イギリスの提案は、イギリスに最低でも5年間居住してきたEU市民には(イギリスで)生活し、働き、福祉を受ける権利を与えると申し出ている。

しかし、EU側は、この提案では全く不十分だと主張している。

World News

3 years on, kin of MH17 dead still want justice (p. 5)

マレーシア航空機撃墜から3年

3年前にマレーシア航空17便がウクライナ上空で撃ち落とされた際に死亡した2人の兄弟姉妹の父親は、遺族を代表するグループは正義を求めることを止めないと述べた。

MH17便が撃墜されて3年を迎えた7月17日の心を打つ追悼式で、Evert van Zijtveldさんは、遺族グループは「責任のある人々が裁きにかけられるまで諦めず、沈黙しない」と述べた。

MH17便はロシアの移動式発射装置から発射されたミサイルで撃墜されたと証拠が示している。

World News

7M vote in symbolic referendum in Venezuela (p. 5)

ベネズエラ、「新憲法制定」に700万人が反対票

700万人以上のベネズエラ人が7月16日の国民投票で、憲法を改革するニコラス・マドゥロ大統領の計画を拒否する投票をした。しかし投票は主に象徴的なものだった。

この非公式の国民投票は、新しい国会議員を選ぶ7月30日の公式な投票の2週間前に野党によって行なわれた。この公式な投票は、マドゥロ大統領が憲法を書きかえられるようにすることを意図している。

7月16日の投票者数は、2013年にマドゥロ氏に権力を与えた750万人を下回ったと専門家は述べている。

Science & Health

Ravens can plan ahead, scientists find (p. 6)

カラスに「未来計画能力」あり

エドガー・アラン・ポーの詩に出てくる、「Nevermore(二度とない)」と言い続けるカラスを覚えているだろうか。今では、本物のカラスが未来のことを考えていることが判明した。7月13日に報告された研究で、カラスは後からおいしいごほうびを得られる道具を取っておくことで前もって計画を立てられることが示された。また、カラスは少し待てばもっとよいものが得られるとわかっている場合には、目の前のほうびを見送った。この研究は、これまではヒトと大型類人猿にしか記録されていなかった全般的な計画能力を示した。スウェーデンのこの研究論文の執筆者らは、この能力は複数回にわたって進化したに違いないと推定した。その論文は『サイエンス』誌に掲載された。

Science & Health

Blood from mosquitoes could identify criminals (p. 6)

蚊が「完全犯罪」を覆す?

殺人犯は、指紋も残さず、髪の毛を1本も残さず、プロのように形跡を隠したことを知っていて、せせら笑いをしながら立ち去る。しかし、犯罪現場でこの自信過剰な暗殺者を蚊が刺していたとしたら、いつか有罪判決が出るようになるかもしれないと、7月10日に発表された研究は述べている。それは、名古屋大学の研究者らが、蚊から抽出した人間の血液は蚊が吸血してから48時間以内であれば血液の持ち主をたどることができることを示したためだ。「この技術は、誰が犯行現場にいたかを警察が突き止める一助となる可能性がある」「将来的には、犯罪者に有罪を言い渡すために活用できる証拠を提供する可能性がある」と、研究を率いた科学者の山本敏充氏は述べた。

Science & Health

Three cups of coffee a day linked to longer life (p. 6)

1日3杯のコーヒー、余命延ばす可能性

コーヒー愛飲家はよく、苦いコーヒーを飲むと生きている甲斐があると言うが、この習慣は長生きにも役立つかもしれない。国際がん研究機関(IARC)とインペリアル・カレッジ・ロンドンが主導した研究チームは、ヨーロッパ10カ国の50万人以上を調査した。1日に3杯以上コーヒーを飲む人は、コーヒーを飲まない人よりも長生きをする傾向があると、この研究は述べている。「コーヒーの消費がより多いことと、あらゆる原因での死亡リスクの低下に関連性があり、特に循環器系と消化器系の疾患でそうであることがわかった」と、論文筆頭著者でIARCのマーク・ガンター氏は述べた。

Science & Health

Surging heat may limit aircraft takeoffs globally (p. 6)

温暖化で飛行機の離陸が困難に?

気温の上昇により、今後数十年間で飛行機の離陸がより困難になると、アメリカの研究が7月13日に明らかにした。科学者らは、もし温室効果ガスの排出量がこのまま変わらなければ、飛行機の燃料容量と有料荷重は、いくつかの航空機においては最も暑い日に最大4%削減されなければならないと警告した。1日で最も暑い時間帯には、最大まで積載した飛行機の10〜30%が、燃料と貨物、乗客の一部を降ろすか、涼しい時間帯になるまで飛行を待つかしなければならなくなるかもしれないと、『クライマティック・チェンジ』誌に掲載された研究は述べている。搭載重量を4%減らすことは、現在運行されている平均160席の航空機では乗客を12〜13人少なくするということを意味し得る。

Science & Health

Sea spiders found to pump blood with their guts (p. 6)

ウミグモの腸、ポンプの働き

ほとんどの生物とは異なり、ウミグモは体内の血液と酸素を心臓の働きにより移動させるのではなく、ポンプのような役割をする腸で移動させると、7月10日にある研究が発表した。この腸は、ウミグモの身体の長さ全体に伸びていると、研究者らは『カレント・バイオロジー』誌で明らかにした。「腸が1つの体腔に全て収容されている我々とは異なり、ウミグモの腸は人間の何倍も分岐していて、腸管の一部がすべての足の先まで伸びている」と、論文筆頭著者でモンタナ大学のH・アーサー・ウッズ氏は述べた。将来、化石が見つかれば、この変わった生物学的戦略の起源を科学者らがよりよく理解するのに役立つかもしれない。

Science & Health

Australian's thumb surgically replaced with toe (p. 6)

手の親指切断の豪男性、足の親指を手に移植

牛を誘導していて遭った事故で親指を切断したオーストラリアの男性は、足の親指を手術で切除して失った指の代わりに手に移植してもらった。ザック・ミッチェルさんは4月に西オーストラリア州の人里離れた牛の牧場で働いていて、雄牛に手を蹴られてフェンスに押し付けられ、右手の親指を切断した。この20歳の牛飼い(ミッチェルさんのこと)は、最寄りの病院に運ばれたが、親指を元に戻す試みは失敗した。ミッチェルさんは、シドニー病院の手の治療を専門とする外科に移され、そこで医師らは、ケガの重症度を考慮して、足の指の移植が最善策と決断した。

This Week's OMG!

Railway: Don't move house by rail (p. 8)

豪の鉄道会社、「引っ越しに電車使わないで」

引っ越しですか? その大変な仕事をするのに電車は使わないでください―それが、混み合った通勤電車で乗客が家具や冷蔵庫を移動させているビデオ映像を公開したオーストラリア北部の鉄道会社の責任者たちからのメッセージだ。

ブリスベンで撮影されたこのどたばた喜劇のような映像には、男性が苦労して冷蔵庫を台車でエレベーターに運び入れ、プラットフォームに下りる様子が映されている。

男性はどうにか台車で大きな荷物を運んで電車に載せて、その後、ビデオ映像では、警備員が介入して罰金を科すなか、電車に載せた荷物を元に戻す様子が映されている。

「今日の#TrainEtiquetteTuesday(火曜日の電車エチケット)は、簡単なエチケットです:引っ越し業者を予約してください」と、クイーンズランド鉄道は7月11日に撮影された映像とともにツイートした。

2本目の映像では、男性が3人がけのソファーを電車から降ろし、プラットフォームを転がして運んでエレベーターに乗せ、途中で誰かがショッピングカートを持って到着し、運ぶのを手伝っている。

クイーンズランド鉄道は、このビデオ映像は「大型の品物を電車に載せることは許可されておらず、最大252オーストラリアドル(22,300円)の罰金の可能性もあることを軽く思い出させてくれるものだ」と述べている。

Essay

Health care in America (p. 9)

アメリカの医療制度

アメリカの医療制度は複雑だ。日本のような国の多くの人々が知らないかもしれない1つのことは、受けられる医療の質が住んでいる州によって異なるということだ。

妻と私はこれまで、ワシントン州とカリフォルニア州の医療を経験したことがある。ワシントン州では、私たちの保険会社は月に200ドル(22,400円)以上を請求していたが、カリフォルニア州では5ドル(560円)以下だ。

ワシントン州で、妻は足首の骨を何本か骨折し、病院に行かなければならなかった。しかし、どの病院に行ってもよいというわけではなかった。自分の保険プランにある病院でなければならなかったのだ。レントゲン検査には10ドル(1,120円)から20ドル(2,240円)かかった。悪くはない! しかし、経過観察のための通院では、診察と脚に小さな装具をつけてもらって、請求額は500ドル(56,000円)を超えた。請求書を受け取ったとき、妻は病院に電話をし、病院側は15%値引きした。

少なくとも、妻には保険があった。2800万人ほどのアメリカ人は全く保険に入っていない。どんな医療処置を受けても全額払わなければならない。1日の入院には平均で5,220ドル(586,000円)かかる。

日本では、民間の保険は公的な医療制度に加えてのオプションとなっている。しかし、アメリカではほぼ全ての保険が民間の保険だ。そして、もし保険に入っていなかったら、表示価格の全額を支払わなければならない。

アメリカ人はどうやって保険に加入するのだろうか? 保険プランには銅、銀、金、プラチナがあり、銅は最も安い保険料で控除免除額(この金額に満たない医療費は全額自己負担になる)は最も高い。プラチナは保険料が最も高く、控除免除額は最も低い。プランを選ぶときは、どのくらい頻繁に医者に行ったり治療が必要になったりするかを検討しなければならない。

アメリカ人にとって、自分の健康状態や予算を基に、ぴったりのプランを見つけるのはややばくちのようなものだ。安い銅のプランを選んだら、保険料は安いが、控除免除額が高いので、健康を維持するよう願った方がいい。もし重い病気になったら、保険会社が治療に必要な金額を支払い始めるまで、自腹で何千ドルも払わなければならないかもしれない。特別な治療が必要な特別な病状を持っているだろうか? それなら、あなたの病状を保険プランがきちんとカバーしてくれるように、プランと保険会社を詳細に比較する必要がある。

もし、企業が提供する健康保険に入れるくらい運がよければ(私の息子のように)、雇用主が保険料の全額または一部を支払ってくれる。雇用主からの保険プランがなければ、自分で保険に加入しなければならない。

現在、医療費負担適正化法、またの名を「オバマケア」が国法となっている。完璧ではないが、保険に入っていないアメリカ人の数を減らした。しかし、この法律は存続が危ういかもしれない。

共和党が支配する議会では、オバマケアを廃止したがっている。彼らは成功するのだろうか? 妻と私はわれわれの願いが叶うように祈っている。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay
  • アメリカの医療制度

サイト内検索

2017年11月24日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー