英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年7月28日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Blood from mosquitoes could identify criminals (p. 6)

蚊が「完全犯罪」を覆す?

殺人犯は、指紋も残さず、髪の毛を1本も残さず、プロのように形跡を隠したことを知っていて、せせら笑いをしながら立ち去る。しかし、犯罪現場でこの自信過剰な暗殺者を蚊が刺していたとしたら、いつか有罪判決が出るようになるかもしれないと、7月10日に発表された研究は述べている。それは、名古屋大学の研究者らが、蚊から抽出した人間の血液は蚊が吸血してから48時間以内であれば血液の持ち主をたどることができることを示したためだ。「この技術は、誰が犯行現場にいたかを警察が突き止める一助となる可能性がある」「将来的には、犯罪者に有罪を言い渡すために活用できる証拠を提供する可能性がある」と、研究を率いた科学者の山本敏充氏は述べた。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2017年9月29日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー

新聞制作スタッフ(DTPオペレーター)募集

ジャパンタイムズでは新聞紙面の制作業務を担うスタッフ(正社員)を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください