英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年8月18日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Dragons pitcher Iwase sets new record with 950th career game (p. 1)

中日・岩瀬、日本新の950試合登板

通算セーブ首位の岩瀬仁紀は8月6日、中日ドラゴンズが読売ジャイアンツに5対4で逆転勝利した試合をしめくくり、記録に名を連ねた。

通算950試合目に登板し、この左ピッチャー(岩瀬のこと)は、阪急ブレーブスの元エースで殿堂入りした米田哲也が保持していた日本プロ野球の記録を抜いた。岩瀬は今シーズン2度目のセーブで、彼の日本プロ野球の記録を404に伸ばした。

「自分がやったことのようには思えません。こんなところまでよくできたものです」と岩瀬は試合の後に述べた。

ジャイアンツのホーム球場の東京ドームに集まったファンらは、「千試合」と叫び、岩瀬は「951試合目も最善を尽くします」と語った。

この42歳の人(岩瀬のこと)は9回に登板し、ジャイアンツが走塁ミスをしたおかげもあり、1アウトからの四球とその後の安打という状況を克服した。坂本勇人がセンターに放ったフライで2アウトになったとき、ピンチランナーの重信慎之介は一塁へ戻る途中で二塁を踏まずに戻った。

「マウンドへ立つとき、いつもより緊張していました。セーブを得ることよりも勝利して試合を終わらせることを気にかけていました」と岩瀬は述べた。「この試合の終わり方は冗談でしょうという感じです。でも、打たれて終わるよりもよかったです」。

Top News
  • 中日・岩瀬、日本新の950試合登板
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー