英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年8月25日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
This Week's OMG!

Braves player trips jogging over chalk line (p. 8)

MLBブレーブスの選手、ゲン担ぎでけが

アトランタ・ブレーブスの遊撃手ヨハン・カマルゴ選手は、ホームでの8月8日のフィラデルフィア・フィリーズとの試合前グラウンドに走って向かう途中に右ひざに骨挫傷のけがを負った。

このルーキー(カマルゴ選手のこと)はグラウンドに立ち、一塁側のファウルラインのチョークに触ろうと、あるいは一握りの土をつかもうと手を伸ばした際、右ひざが動かなくなったように見えた。彼は内野の芝生の上に倒れた。

MRI検査の後に診断された。ブレーブスは当初、けがは膝の過伸展だと発表していた。

カマルゴ選手は、試合の後、松葉づえをつき、このケガは「不運」のせいだとした。

「私は毎回同じことをしていた」とこの23歳のパナマ人(カマルゴ選手のこと)は、通訳を通じて語った。

カマルゴ選手は、グラウンドを離れるとき、右足に体重をのせることができなかった。アシスタント・トレーナーのジム・ロヴェルと三塁コーチのロン・ワシントンの支えが必要だった。

ブレーブスのブライアン・スニッカー監督は、グラウンドを走っていてケガをした選手は見たことがないと述べた。

「こんなことは初めてだ。なんという一日の始まりだ」とスニッカー監督は、ブレーブスが5対2で負けた後に語った。

スニッカー監督は、カマルゴ選手は故障者リストに登録されると述べた。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
  • MLBブレーブスの選手、ゲン担ぎでけが
Essay

サイト内検索

2017年11月24日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー