英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年9月1日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Total solar eclipse crosses US as millions view historic sight (p. 1)

米で皆既日食、99年ぶり大陸横断

北アメリカ大陸中で8月21日、約1世紀ぶりに大陸を西海岸から東海岸まで横断する珍しい皆既日食によって太陽が月の後ろに消えたとき、空を見つめる人々は動かず(その光景に)釘付けになっていた。

何百万人もの日食・月食を熱心に追う人々やアマチュアの天体観測者たちなどが、皆既帯(皆既日食の状態で月の影が通る道)の複数の都市に集まった。アメリカの14州を横切る幅113キロメートルのこの帯状の場所では、月がわずかの間太陽の光を全て遮断した。

「信じられないほど美しかった。感動して涙が出た」と、バージニア州の図書館司書ヘザー・ライザーさん(54)は、皆既日食を見るために数千人が集まったサウスカロライナ州チャールストンの公園でブランケットに座って語った。

オレゴン州リンカーンビーチの人々は、アメリカで最初に皆既日食を見た人たちで、現地時間10時16分に太陽光を月が遮断した。西海岸のこの地域での皆既日食は1分55秒続いた。

「天文学を勉強してきたので、子どものころから一生に1度は皆既日食を見てみたかった」と、科学教授のクリスティン・サピオさんは語った。「心の準備はできていると思ったが、全然できていなかった」。

「震えて、涙が出た。その美しさにすっかり圧倒されていた」。

Top News
  • 米で皆既日食、99年ぶり大陸横断
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2017年11月24日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー