英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年9月22日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Smoking makes lung cells vulnerable to cancer (p. 6)

喫煙で肺細胞が変化、がん化の下地形成

長期にわたってタバコの煙にさらされることで、肺の細胞が時間をかけて変化し、がんを発生する下地をつくる可能性があると、アメリカの研究者らが9月11日に発表した。『キャンサー・セル』誌に発表された研究は、長期にわたってタバコの煙にさらした肺細胞の研究室での実験に基いている ― 20〜30年間の喫煙者に相当する。約10日後に、細胞は遺伝子発現を変化させ始めた。これは後成的変化として知られるプロセスだ。この変化ががんの発生率を高めるのに十分になるくらい蓄積されるまでは10ヵ月かかった。後成的変化は遺伝子のDNA配列の基礎を変異させることはなく、禁煙したい人に希望があることを示唆した。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2017年10月27日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー

新聞制作スタッフ(DTPオペレーター)募集

ジャパンタイムズでは新聞紙面の制作業務を担うスタッフ(正社員)を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください