英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年10月13日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Skipping breakfast may double risk of hard arteries (p. 6)

朝食抜きで動脈硬化リスク倍増か

朝食を抜いたり、一日の始まりにまともに食べなかったりする人は、動脈硬化を発症する可能性が2倍高くなると、研究者らは10月2日に発表した。この研究は心臓病学会誌『Journal of the American College of Cardiology』に発表され、症状や疾患が現れるはるか以前の段階で動脈への損傷の兆候があることを明らかにした。

「いつも朝食抜きの人は、生活スタイルが全般的に不健康である可能性が高い」と、論文の執筆者で、マウントサイナイ病院の心臓科医、バレンティン・フステル氏は話す。「この研究は、朝食を抜くことが、心臓病のリスクを抑えるために人々が積極的に変えることのできる悪い習慣の1つだということを示す証拠を提供している」。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2017年10月27日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー

新聞制作スタッフ(DTPオペレーター)募集

ジャパンタイムズでは新聞紙面の制作業務を担うスタッフ(正社員)を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください