英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年10月27日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
SCIENCE & HEALTH

Scientists discover secret of durian's stench (p. 6)

ドリアンの臭い、メカニズムを解明

科学者らは自然界で最も刺激の強い謎の1つに答えた:世界で最もくさい果物にその特有のにおいを与えているものとは何なのか? シンガポールの科学者らは10月9日、ドリアンのゲノム地図を作成したと発表した。彼らは、揮発性硫黄化合物と呼ばれる臭いの成分に対応する遺伝子のグループを特定し、これらの遺伝子は果実が熟すにつれて極めて活発になり、珍しいにおいを出させることを突き止めた。「ドリアンの臭いの主要な要素は、揮発性硫黄化合物で、腐ったようなにおい、玉ねぎのような臭い、腐った卵のような臭い、硫黄のような揚げたエシャロットの臭いとして特徴付けられる」と、シンガポール国立がんセンターの副所長で遺伝学者のBin Tean Teh氏は語った。

Top News
Easy Reading
National News
World News
SCIENCE & HEALTH
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月1日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー