英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2017年11月24日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Wounds sustained at night heal twice as slowly (p. 8)

夜間に負った傷は治りが遅い

体内時計により、夜に負ったものよりも昼に負った切り傷ややけどなどの傷のほうが約60%治りが早くなっていると、科学者らは手術や傷の治療薬への暗示を持つ見解の中で発見した。『Science Translational Medicine』誌に11月8日に発表された研究で、科学者らは初めて、我々の体内時計がいかに皮膚の細胞による傷の治癒をコントロールしているのか、また日中に治癒を最適化しているかについて示した。夜間のやけど―午後8時から午前8時の間に負ったもの―は、95%が平均28日後に治癒したのに対し、午前8時から午後8時の間に起こったやけどは17日間しかかからなかった。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー