英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2018年1月12日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Science & Health

Climate change doubles snowfall in Alaska (p. 6)

アラスカ、温暖化で積雪量が倍以上に

アラスカ州中部の積雪量が1800年代半ば以降で倍以上に増加していることが、12月19日に研究で発表された。この研究は地球温暖化に原因があるとしている。デナリ国立公園のハンター山で掘り出された2本の氷の柱から、1840年ごろからアラスカ州中南部で冬季の降雪量が117%増加していたことが明らかになったと、研究者は『サイエンティフィック・リポーツ』誌に書いた。夏季の雪も50%近く増加していた。「アラスカにおける現代の降雪強度が産業革命前の自然な降雪強度よりもはるかに高くなっていることが、我々の氷の柱の記録から紛れもなく明らかになった」と、論文の共同執筆者であるドミニク・ウィンスキー氏は話した。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年4月27日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー