英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2018年2月2日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Harimoto, 14, becomes Japan's youngest table tennis singles champ (p. 1)

卓球・張本選手、史上最年少優勝

14歳の張本智和選手は1月21日、男子決勝戦でリオ五輪の銅メダリスト水谷隼選手を破り、日本で史上最年少の卓球シングルスの全国優勝者となった。

張本選手は、11対9、11対5、8対11、11対2、6対11、11対5で勝利した試合中積極的に戦い、東京体育館で10度目のタイトル獲得をねらう水谷選手の希望をくじいた。

「対戦相手はより多くの経験を積んでいたので、攻めの姿勢で戦おうとしました」と張本選手は語った。「失うものは何もないと考えました」。

昨年の世界選手権でも水谷選手に勝った張本選手は、勢いをつけて、2020年の東京オリンピックで表彰台の1位に上がりたいと述べた。

「がんばって、優れた外国人選手にも勝って、東京オリンピックで金メダルをとりたいです」と張本選手は話した。

水谷選手は17歳で初の全国優勝を果たし、男子種目の前最年少チャンピオンだった。女子種目では、平野美宇選手が16歳のときに王座を獲得した。

女子シングルスでは、伊藤美誠選手が、男女混合ダブルスと女子ダブルスで優勝した後、7日間の大会で3度目の優勝を獲得する道の中で、平野選手を決勝で4対1で破った。伊藤選手は4度目の3種目制覇を果たし、17歳という年齢で最年少だった。

Top News
  • 卓球・張本選手、史上最年少優勝
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー