英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2018年3月9日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
This Week's OMG!

Thirsty keeper gifts opponents a goal (p. 8)

キーパーが補水中、バックパスが無人のゴールに

ドイツで2月24日に行なわれた2部リーグのサッカーの試合で、喉の乾いたゴールキーパーが、補水のタイミングを誤った。

デュースブルク(チーム名)のオランダ人ゴールキーパー、マーク・フレッケンは、18分に必然的なことが起こったとき、ゴールラインの後ろでボトルを持ち上げ、対インゴルシュタット(チーム名)の試合を見てもいなかった。

ホームチームのデュースブルクのゴールが無情にも無効になった後、インゴルシュタットはすぐにボールを持って相手側に攻め込んだ。デュースブルクのディフェンダー、ゲリット・ヌーバ―は、フレッケンがボールを背にしてラインの後ろにまだいることに気が付かずに、自分のチームのゴールキーパー(フレッケンのこと)に向かってそのボールをヘディングで戻した。ステファン・クシュケが走り込み、邪魔されずに得点した。フレッケンが振り向いたときには遅かった。

「ゴールが決まったときに流れる音楽が聞こえて、2対0でリードしていると思っていた」と、フレッケンはスカイテレビに語った。「もちろん、チームメートはみんなそんな瞬間が大好きだ。私はチームメートからこれから何週間もかなり責められるに違いない。補水ボトルを家に持ち帰って、庭のどこかで燃やそうと思う」。

最後には、フレッケンが祝うようなことがあった―デュースブルクが2対1で勝ち、2部リーグの4位に上った。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
  • キーパーが補水中、バックパスが無人のゴールに
Essay

サイト内検索

2018年5月25日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー