英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2018年6月1日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Top News

Hirokazu Kore-eda wins Cannes Palme d'Or with Shoplifters (p. 1)

是枝監督、カンヌで最高賞のパルムドール授賞

是枝裕和監督は5月19日、カンヌ国際映画祭において『万引き家族』でパルムドールを受賞した。この映画は、予想外の話の展開のある高い評価を受けた家族ドラマだ。

この映画は、祖母のわずかな年金で暮らしながら、子どもたちに物を盗ませに店へ送り出す家族を描いている。年金の不正受給に関する一連のメディア報道がこの日本の監督(是枝監督のこと)の映画のきっかけとなった―カンヌ国際映画祭で賞にノミネートした是枝監督の5作目となる。

パルムドールを獲得した日本の監督は、1997年に映画『うなぎ』で授賞した今村昌平監督以来となる。

南部の沿岸部にあるリゾート地での授賞式で、是枝監督(55)は、聴衆にこう語った:「足が震えています。ここに立てて本当に光栄です」。

「この映画が、バラバラになった世界で対立している人々をつなぐことができたらと望んでいます」と、是枝監督は述べた。

是枝監督の授賞は、ハリウッドの性暴力スキャンダルの話題で持ち切りになっている年にパルムドールは女性の有力候補者3人のうちの1人の手に渡るのではないかという予測を裏切った。

ケイト・ブランシェット審査員長はこう語った:「審査員団の女性も男性も、女性監督の声がもっと取り上げられるのを見たかった」と語り、受賞者を選ぶのは「とても難しかった」と付け加えた。「しかし、最終的に、我々は監督のビジョンに演技がいかに絡み合っているかに完全に圧倒されたと私は思う」と、『万引き家族』について述べた。

Easy Reading

Australian diners use water pistols to keep seagulls away (p. 3)

豪州のレストラン、カモメ対策に水鉄砲支給

ウェスタン・オーストラリアの州都パースの海沿いにはカモメが多すぎる。そこで、海辺のレストランでは顧客に水鉄砲を持たせている。

3シーツ・レストランのオーナーのトビー・エバンズさんは、カモメの問題がひどすぎると語った。彼は、その鳥たち(カモメのこと)が客を遠ざけているのではないかと心配している。そのレストランには外のテーブル席がいくつかある。カモメを遠ざけておくために何か対策を取らなければならないと、エバンズさんは話す。

「それはひどかったです。一年の中で一番カモメが増える時期だと思います」と彼は、5月16日にナイン・ネットワークテレビに語った。「カモメはどんどん厚かましくなってきています」。

カモメはよく、ヒラリーボートハーバーのレストランのテーブルで食べ残しを探している。5月12日から、エバンズさんは彼のレストランの外のテーブル席に水鉄砲を置いた。客はこの措置を称賛した。

「カモメに物を投げつけたり、安全な場所を求めて逃げたりしなくても済みました」とある客は述べた。

Easy Reading

Monk sues Mount Koya temple over heavy workload (p. 3)

高野山僧、うつ病発症で寺院を提訴

和歌山県にある世界遺産で働いている1人の僧侶が、労働がきつすぎるためと述べ、訴訟を起こした。

この僧侶は40代だ。2008年に高野山にある寺で働き始めた。4月27日にこの寺を運営する団体を訴えた。訴えでは、この僧侶は2015年12月頃からうつになり、2016年3月以降勤務していないとされている。彼は、損害賠償と未払いの賃金860万円ほどを求めている。

地元の労働基準監督署は、この僧侶は過労だったと認めている。彼はかつて休みなしで1カ月以上働いていた。

訴状によると、僧侶のスケジュールは午前5時前から始まり、この時間から宿泊客が寺で朝の勤行に参加するのを手伝っていたという。彼は深夜遅くまで働くこともあった。

National News

'No indictment' for Sagawa over file scandal (p. 4)

佐川前国税庁長官、不起訴へ

大阪地検は、前国税庁長官を、首相と森友学園の運営者が関与するえこひいきの疑惑における役割をめぐり、起訴しないことにしたと、5月18日に情報筋が報じた。

佐川宣寿前国税庁長官は、森友学園と財務省との間で行なわれた怪しい土地取引に関連する14の政府資料からいくつかの項目の削除を命じていた疑いが持たれている。

この削除に関連のある他の政府関係職員も起訴されないと、その情報筋は報じた。

National News

Next Imperial era to be named in April: Suga (p. 4)

新元号の公表、来年4月想定

徳仁皇太子が次期天皇となる前に、政府は新しい元号を2019年4月頃に発表する見込みだと、菅義偉官房長官が5月17日に述べた。

菅官房長官によると、政府は、徳仁皇太子が5月1日に天皇に即位する約1ヵ月前に新しい元号が発表される前提で、元号の変更の準備を開始するという。

現在の平成の元号は1989年1月8日に始まった。

National News

Fujii becomes youngest 7th-dan shogi player (p. 4)

藤井、最年少七段昇段

将棋の神童・藤井聡太氏は5月17日に七段に昇格し、伝統的なこのボードゲーム(将棋のこと)のこの段に15歳で昇格した最年少のプロ棋士となった。

藤井氏は、竜王戦ランキング戦準決勝で船江恒平六段(31)を破り、規定によりこの昇格を獲得した。

これまでに七段に最年少で昇格したのは、1957年に17歳で昇格した加藤一二三さんだった。加藤さんは現在78歳で九段となっている。

National News

Arashiyama bamboos vandalized 'by tourists' (p. 4)

京都・嵐山の竹林に落書き

京都の嵐山地区にある少なくとも100本の竹が落書きされていて、おそらく、名前やイニシャルを竹に刻んだ旅行客によるものと見られると、竹林を管理している会社が5月17日に明らかにした。

この植物(竹のこと)の茎に刻まれていたのは、外国語だった。この植物を所有する京都市によると、落書きの数は4月以降急増しているという。

落書きは、この竹林を「楽しむことを心待ちにしている他の多くの観光客をがっかりさせかねない」ため、受け入れられないと、市の職員は述べた。

World News

Maduro wins hotly disputed Venezuela vote (p. 5)

ベネズエラ大統領、現職のマドゥロ氏再選

窮地に陥った社会主義の現職大統領ニコラス・マドゥロ氏は、5月20日にベネズエラの大統領選挙で大勝したが、不正と有権者のボイコットのために投票は議論を呼んでいる。

公式の投票結果では、投票所の92%の報告の時点で、マドゥロ氏は68%を得票した。主要な対立候補だったヘンリー・ファルコン氏は、政府は投票を買収したと非難している。ボイコットにより、投票率はわずか46%にとどまった。

5月21日、ブラジルやメキシコをはじめとする14カ国の連盟は、選挙結果を認めないと発表した。

World News

Texans mourn victims of school shooting (p. 5)

テキサス州高校で銃乱射

5月20日、テキサス州サンタフェの高校で銃を持った男が10人を殺害してから初めての日曜日に、人々は犠牲者を追悼するために複数の宗教的な拠点に集まった。

2日前に、8人の生徒と2人の代理の教師がサンタフェの高校で殺された。

「彼らを忘れることはない」と、デイスプリング教会のブラッド・ドレイク牧師は語った。この教会は、殺害された生徒の1人が礼拝の参列者だった。

サンタフェ各地で、イスラム教の追悼者らが、17歳のパキスタンの少女の葬儀に参列した。少女はこの高校の交換留学生だった。

World News

Haspel sworn in as CIA's first female director (p. 5)

ハスペル氏、女性初のCIA長官に就任

ジーナ・ハスペル氏は5月21日、アメリカ中央情報局(CIA) の初の女性長官に就任し、アメリカによる激しい尋問の手口の利用をめぐる議論における自身の役割への批判をかわそうとした。

「我々は過去から学ばなければならないが、過去にとどまることはできない」とハスペル氏は述べた。ハスペル氏の秘密捜査員から長官への昇進は、9.11後にテロ容疑者らを残酷に拘束し、尋問していたプログラムにおける彼女の役割が原因で、問題視されている。

ハスペル氏(61)は、外国語の運用能力を高め、もっと多くのスパイを送り出すことを誓った。

World News

Bangkok police block pro-democracy march (p. 5)

バンコク警察、抗議デモを阻止

バンコクの警察は5月22日、4年間の軍事政権支配を非難し、今年選挙を実施するよう求める民主化を支持する活動家たちによる行進をブロックした。

バンコクの大学のキャンパスから首相府まで約200人が行進するのを阻止するために、約3,200人の警察官が配備された。バリケードと、警察、激しい雨に立ち向かい、抗議する人たちは拡声器で当局に対抗した。

5月22日は、選挙で選ばれたタイ政府を転覆させた2014年に無血のクーデターから4年の節目を迎えた日だった。

Business & Tech

Australian stores limit baby formula sales (p. 6)

豪スーパー、乳児用ミルクの販売を制限

オーストラリアの大手スーパーマーケットチェーンの1つは5月16日、いくつかの店舗で乳児用粉ミルクをカウンターの陰に移動し、販売を制限していると発表した。これは、中国でこの粉ミルクが2倍以上の価格でインターネットで転売されているという報道を受けた後のことだ。

ミルク製品を棚から下ろす「コールズ」の決定は、シドニーの『デイリー・テレグラフ』紙が、最大35豪ドル(3,800円)で販売されている1キロ缶が、中国の親たちに100豪ドル前後(11,000円)で転売されていると報じた後、心配する母親たちからの苦情に応じたものだ。

このスーパーマーケット大手は、客1人につき2缶までに販売を制限し、さらに安定して供給できるようにサプライヤーと連携している。

Business & Tech

Suntory halts shipments of whiskies as casks dry up (p. 6)

サントリー、「白州12年」「響17年」販売休止へ

アルコールと飲料の大手メーカー・サントリーは、需要が強まり、生産可能量がひっ迫しているため、高級ウィスキー製品「響17年」と「白州12年」の2つの出荷を一時停止する計画だと、同社の広報担当者が発表した。これらの製品の最後の樽は、「白州12年」は6月頃、「響17年」は9月頃に出荷され、この蒸留酒製造所(サントリーのこと)が販売再開に十分な供給量を回復するのがいつになるかはわからないと、広報担当者は話した。

「響」と「白州」のブランドは国際的な賞を定期的に獲得しており、日本のウィスキーへの需要の高まりの中、販売が休止される。

Business & Tech

Casio to leave digital camera market (p. 6)

カシオ、デジカメ事業撤退

カシオ計算機株式会社は、コンパクトデジタルカメラの製造を停止すると発表した。高解像度のカメラ付きのスマートフォンの普及により、需要が低下しているためだという。

この大手腕時計メーカー(カシオのこと)は、液晶画面のついた世界初のデジタルカメラを1995年3月に発表し、その先進技術で名を馳せた。

しかし、3月締めの昨年度には、エクシリムなどのデジタルカメラモデルの出荷が55万台に低下した。同社の販売目標数を20万台下回り、売上がピークとなった2007年度の約10分の1だった。

Business & Tech

Japan Airlines to start low-cost carrier (p. 6)

JAL、格安航空参入へ

日本航空(JAL)は5月14日、東京都が夏のオリンピックとパラリンピックを開催し、国際便が混雑する2020年夏に、中距離から長距離の便を運行する低価格帯の航空会社を設立する予定だと発表した。

その格安航空会社は、JALグループの子会社として今年7月に設立予定で、成田国際空港から、アジアやヨーロッパ、南北アメリカ大陸といった目的地の間の便を運行し、中型のボーイング787-8機2機からスタートする。

「我々は日本へ来る外国人旅行客を増やす一翼を担いたい」と、赤坂祐二社長は東京での記者会見で語った。

Business & Tech

Apple axes plans for Ireland data center over trees (p. 6)

米アップル、データセンター建設中止へ

アメリカのIT大手アップルは5月10日、森林保護を求める環境活動家との法廷での争いをめぐり、8億5000万ユーロ(1110億円)規模のデータセンターをアイルランドに建設する計画を見送ったと発表した。

アップルは、高等法院の判決が3人の活動家に持ち込まれた訴訟を却下した10月に許可が得られたものと考えていた。活動家らは、アイルランド西部で約180万平方メートルを占拠することとなるデータセンターの建設プロジェクトが及ぼす環境への影響を懸念していた。しかし、5月3日に活動家たちは、最高裁による訴訟の受理を勝ち取り、これによって建設に向けたプロセスはさらに遅れることとなった。

Business & Tech

Flea market app operator Mercari to go public (p. 6)

メルカリ、マザーズ上場へ

フリーマーケットアプリを運営するメルカリは5月14日、東京証券取引所の新興企業向けのセクション・マザーズ市場に6月19日付で株式を上場すると発表した。メルカリは、珍しい日本の「ユニコーン」¥10億ドル(1100億円)以上の価値がつく新興企業―として知られている。メルカリの時価総額は、新規株式公開で2000億円を超えると予想される。

この電子取引企業(メルカリのこと)は2013年に事業を開始し、古着やその他の品物を売買できるスマートフォンアプリを運営している。同社は、盗難品や違法な品物の販売に対抗するため、厳しいルールを作る努力をしている。

This Week's OMG!

Vegas goalie tickles Jets player's ear (p. 8)

押し合いにまぎれて相手選手に…

マーク・アンドレ・フルーリー選手は、ブレイク・ウィーラー選手に耳障りなことをした。

ゴールデンナイツがウィニーペグに4対2で勝利した5月16日の試合の第2ピリオドの残り2:34に、ベガスのゴールの後ろでの押し合いのさなか、ベガスのゴールキーパーのマーク・アンドレ・フルーリーは左手を伸ばして、ジェットの無防備なブレイク・ウィーラー選手の左耳をくすぐった。

「そんなことした?」とふざけたフルーリー選手は言った。勝利した試合では33セーブもした。「カメラはどこにでもあるね」。

確かにカメラがあった―そして耳をくすぐった映像はすぐにソーシャルメディアで大ヒットになった。

「私はただそこに座っていて、他の人たちはケンカしていたね」と、フルーリー選手は語った。「それで(私は)自分でちょっと笑おうとした。あれはそれだった」。

ヘルメットを外していて、そのゴールキーパー(フルーリー選手のこと)を背にしていたウィーラー選手は、「耳に奇妙な」感覚にもなぜか平然としているように見えた。

ゴールの後ろにもたれ掛かっていたこのジェッツのフォワード(ウィーラー選手のこと)は、立ち上がりながらベガスの選手たちに叫び続け、耳をくすぐってきたのが誰なのか確認しようと振り返りさえしなかった。

Essay

Springtime superpowers (p. 9)

春の不思議な力

北海道の春は日本のどこよりも遅くやってくる。4月は当てにならない月で、庭に何か植えても大丈夫だろうと思った後で雪や霜が降ることも多い。しかし、5月ならだいたい大丈夫だ。5月は本当に春である。遅くやってくるが、驚くべき急な変化をもたらす。このおかげで、私たちは不思議な力を明確に観察することができる。

きっと思い浮かぶのは、植物の新たな成長だろう。たんぽぽなどの野草は1年のこの時期に最も栄養が豊富になり、エネルギーと粘り強さに満ちていると言われている。冬の雪の重さで固くなった土を割って出てくる。レンガやコンクリートのすき間を押し上げて出てくることさえある。

しかし、私が話している不思議な力とは、もっと個人的なレベルでのことだ。春は、1年のうち5〜6ヵ月も雪や氷に囲まれて暮らしている私のような人たちに不思議な力をもたらす。雪がついになくなると、私は分厚いコートを脱いで、重いスノーブーツを軽いローファーに交換する。突然、私は羽が生えたような感覚になる。空を飛べるような感じがする。

もう冷たい手を分厚いウールの手袋で守らなくてもいい。ワラビのふわふわしたところや、たんぽぽの茎を折ると出てくる粘り気のある乳液、桜の木のざらざらした樹皮を触って感じることができる。土の豊かさ、何千もの伸びゆくものたちの香りをかぐことができる。強まった触覚と嗅覚が私の不思議な力になっている。

世界は突然にぎやかになる。窓をよく開けるようになるためだけではなく、冬の間ずっとすべての音を消していた深い雪がないからだ。聴覚も強まり、私はブナの木の奥を樹液が流れる音を聞くことができる。

白とグレーのモノトーンの冬の後、突然あちらこちらが色鮮やかになる。強まった視覚は、川の土手や牧草地の食べられる野草に近づく。敏感になった舌は、ふきのとうのかすかな苦味、タラの芽のクリーミーな味わいに喜ぶ。確かに、私の聴覚、視覚、味覚は、不思議な力に満ちている!

私の関節炎を患っている関節は、温暖な気温で緩む。このおかげで私は動きやすくなる。お城の壁を登ったり、木の枝から木の枝へと飛び移ったりできるくらい、機敏で頑丈になった感じがする。いつもなりたいと思っていたように、忍者になれるかもしれない! 自分自身の感覚へのこの畏敬の念は数週間で薄れていき、私の「不思議な力」は普通の日常の一部のように思えてくるだろう。しかし、北海道の短い春は、1年中、私の芸術にひらめきを与えるのに十分なくらい私の感覚を刺激する。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Business & Tech
This Week's OMG!
Essay
  • 春の不思議な力

サイト内検索

2018年6月29日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー