英字新聞社ジャパンタイムズによる英語学習サイト。英語のニュース、よみもの、リスニングなどのコンテンツを無料で提供。無料見本紙はこちら

記事全訳

2018年6月8日号掲載の記事(ST編集部訳) print 印刷用に全て表示
Easy Reading

Scientists plan DNA search for Loch Ness monster (p. 3)

「ネッシー」は実在するか、ネス湖でDNA調査実施へ

ネス湖の怪物(ネッシーのこと)の捜索は6月に新たな高度技術の段階に入った。科学者たちはスコットランドの最も有名な湖に本当に生きているのか、もしくは生きていたのかを確認するため、DNA調査を活用する計画だ。

国際研究チームは、ネス湖の水のサンプルを異なる深さの3カ所から採取し、近くの湖からも3つサンプルを採取する。そのサンプルは世界中の研究所へ調査のために持ち込まれる。調査は、直接のDNAよりも、環境DNA(eDNA)を観察する。

世界中の科学者たちは、クジラやサメといった海に住む生き物を観察するのに、環境DNAを活用している。海の生き物たちは動くときに、皮膚やうろこ、羽根、糞、尿などからDNAの痕跡を残す。

湖からの環境DNAは、「数十万の異なる生命体の」大きなデータベースと比較されると、研究チームの広報担当者であるニュージーランドのオタゴ大学ニール・ジェンメル氏は述べた。

Top News
Easy Reading
National News
World News
Science & Health
This Week's OMG!
Essay

サイト内検索

2018年6月29日号    試読・購読   デジタル版
目からウロコの英文ライティング

読者の声投稿フォーム
バックナンバー